• 不動産相続の相談窓口
  • コーエイホームはこちら
  • コーエイ株式会社について
  • Facebook
  • Instagram
  • 採用情報はこちら
  • びぃふりー 熊本版
  • Lifeデザインアカデミー

HOME > 不動産相続について

不動産相続について

コーエイは"不動産相続の相談窓口"として、専門の実務士"相続コーディネーター"が最良の相続をご提案いたします。

相続には財産評価や遺産分割協議、申告・納税など、さまざまなプロセスがあります。
その各過程で、土地家屋調査士や不動産鑑定士をはじめ、司法書士、弁護士、税理士など何人もの専門家が携わります。
そして残念なことに、この専門家同士は意思疎通のないまま各自の仕事だけをこなしているのが現状です。そのようなお客様が簡単に情報をまとめきれない事に対し
「この人になら、どんな相談をしても答えてくれる」、
「この人に頼めば、いろいろ対応してくれる」
窓口になる「まとめ役」になるのが"相続コーディネーター"です。


相続コーディネーターとは

相続人の意思がカタチになる「オーダーメイド相続」を実現

相続コーディネーターは、相続人の意思・要望・事情にあわせて、

  • ①経済面(節税対策や土地の有効利用などの金銭的メリット)
  • ②感情面(家族間のトラブル回避)

の両面から、無理のない価値あるストーリーを提案します。
相続とは、100人の相続人がいれば、100のパターンがあるものです。
相続コーディネーターは、いくつもの選択肢の中から、最良のストーリーを相続人とともに描き、カタチにしていきます。
そんなオーダーメード感覚の相続こそ、相続コーディネーターが提供できる最大のメリットです。

何故不動産会社が相続のコーディネートを行うのか?


不動産の相続はトラブルになりやすい

相続とは人が亡くなったときに、その遺産を一定の血縁関係にある人が引き継ぐこと。
どの家庭にもいつか必ず起きるものです。
高齢人口の増加にともなって相続の発生件数は増えており、それと比例するように相続におけるトラブルも増えています。
なかでも多いのは、不動産資産をめぐったトラブルです。

トラブルになる理由01

不動産はその価値がわかりにくい

土地としての評価は高いが、家を建てるには不向き...など不動産の価値はその相続上の評価と一致しないことがよくあります。

トラブルになる理由02

不動産は分けにくい

たとえば、相続人3人で、遺された田舎の実家を分けられるでしょうか。現金資産とは違って分けにくいのも不動産の特徴のひとつです。


相続で、不動産の問題は避けられない

実は、日本の家計が保有している資産のうち、およそ7割は不動産資産。
資産を引き継ぐ相続の話となると、不動産のことを避けては通れません。
また、
「相続なんてお金持ちの問題でしょ?うちは関係ない...」
そんな風に思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。
遺産分割で裁判になった人たちの例を見ると、
およそ4分の3の人たちは、実は、ほとんどは相続税のかからない5,000万円以下の資産をめぐって争っています。
相続は決して1億円単位以上の資産を持つ方々だけの問題ではないのです。

不動産相続で揉めないために、信頼できる相談先を!

なぜそういう人たちがもめるのか。
それは不動産の絡む相続で、きちんと準備をしていないから。
そして、いざ困った時に相談できるような先がないからなのです。
税理士にお願いするほどお金を持っているわけではない。
弁護士に相談するほど、今もめているわけではない。
そういう人たちが、家族の資産を引き継ぐ相続の場面で悩んだり、悲しんだりしているのです。

相続には事前の準備と、信頼できる相談先を知っておくことが大切です。
実はみんな悩んでいる...

相続でトラブルになっている事例はたくさんあります。
どのようなことに気を付けるべきか考えるうえでも、是非参考にしてみてください。
そして、自分の場合はどうすれば?と少しでも気になったら一度「不動産相続の相談窓口」にご相談ください。
不動産のプロがおこたえします。

不動産相続について


このページのトップへ